診療報酬債権ファクタリング

*

Hファクターとは、債権譲渡をしたい医療施設などの診療報酬債権を買い取りしているファクタリング会社です。

病院・医院、介護施設の診療報酬債権(レセプト)を買取りを行うので、医療施設にとって事業資金の運用が楽になります

たとえば医療機関や介護施設が、国保連にレセプト請求を行いますが、入金されるのが2ヶ月後ですよね。

Hファクター株式会社が行っている診療報酬債権を買い取るファクタリングサービスは、国保連から支払われるレセプトを最短で支払い代行を行います。
※詳しくは下記の<診療報酬債権ファクタリングとは>をお読みください。

債権譲渡したい病院や施設の売掛金・レセプトを買取り、最短で支払い(医療施設に入金)をするのがファクタリングと呼ばれているものです。

そのファクタリング会社の中で今もっとも医療施設の運営で資金調達ができる「Hファクター」会社について調べてみました。

Hファクター株式会社のファクタリングはこちら>

 

診療報酬改定が行われました。
詳しくは厚生労働省が発表した平成30年診療報酬改定をご覧ください。
< 平成30年度診療報酬改定について |厚生労働省 >

 

 診療報酬債権ファクタリングとは

診療報酬債権

 

診療報酬債権とは、介護施設や診療をおこなっている病院などが、審査支払機関の社会保険診療報酬支払基金、国保連(国民健康保険団体連合会)に対して請求する売掛金【保険診療報酬】のことです。

通常は、診察を受けた患者が病院の窓口で自己負担額(3割)を支払います。
そして残りの7割を、国保連の保険診療報酬が支払われる流れになります。

残りの7割の診療報酬債権が支払われるのは、通常2ヶ月後です。

 

しかし、ファクタリングを使うと・・・

最短3日で支払いされます!

 

国保連から支払われる期間(2ヶ月間)が長いと感じる病院や施設に対して、その債権を買い取り、即日支払いすることをファクタリングといいます。

 

Hファクター株式会社の評判を調べてみた

Hファクター株式会社は、大阪に拠点を構える医療施設専門のファクタリング会社として利用者が年々増えています。

国保連に診療報酬債権をレセプト請求している病院や施設が、できるだけ早く入金できるように買取りを行ってくれるのがHファクターです。

Hファクター株式会社は、ファクタリング会社としては後発組ではありますが、医療専門としての信頼度が非常に高く、いろんな業種を取り扱っている会社に比べて安心して利用できます。

そのため、全国の医療施設や介護施設の経営者がHファクターでファクタリングを利用しています。

 

私がHファクター株式会社を利用した理由

Hファクター

実は私は歯科医を開業して10年以上経ちますが、Hファクターさんには資金面や経営面で助けてもらいました。

歯科医は医療機関の中でも銀行融資も厳しく、なかなか審査も通らないことも業界では有名な話です。

銀行融資の可能性があったとしても、銀行から回答がいただけるまで60日以上かかった経験があります。

見事に落ちましたが・・・。

 

国保連に診療報酬債権を請求しても、入金されるのが2ヶ月後。

しかも国保連の場合、満額は支払われず点数をいろいろ引かれて20%減額されることは何度もありました。

 

そこで銀行融資を考えたわけですが、審査は落ちてしまい希望の融資額が受けられませんでした。

ちょうど困っていたとき、Hファクターさんのファクタリングサービスを知り、すぐに問合せして利用しました。

国保連にレセプト請求額を買取りしてもらうため、融資やローンを組むわけではないので経営面としても安心です。

対応もとても良くて、手続き後、3日後に入金されたときは本当に助かりました。

 

Hファクターのファクタリングサービスはこちら>

 

Hファクター株式会社のファクタリングサービスとは

Hファクターのファクタリングは、医療機関にとってかなりメリットのあるサービスと言えます。

医療機関であれば患者さんから頂く診察料、そして診察に対して国保連に請求するレセプトがあると思います。

 

冒頭でも書いた通り、国保連にレセプト請求して、振り込まれるのが2ヶ月後。

たとえば2ヶ月後でもレセプト請求額が満額を振り込まれるならまだ我慢できるかもしれません。

しかし、実際にはいろんな点数が引かれ、最終的に請求額より20%以上少ない金額で振り込まれる。

経営面から考えると、これの状態が続くとかなり厳しくなることは目に見えています。

 

銀行から融資をしてもらっている場合でも、毎月返済をしないといけないわけです。

経営で苦しくなるのは目に見えています。

そんな時に私が利用したHファクターのファクタリング。

わからないことはスタッフさんにすぐ相談できます。

 

Hファクター

やはり医療施設に強いファクタリング会社なので、手数料も安く、入金スピードも速いので毎回、助かっています。

医院運営側の立場もすごく考えてくれる良心的なファクタリング会社です。

 

Hファクターのファクタリング相談はこちら>

 

Hファクターのファクタリングは、レセプト請求金額を買取してくれます。

国保連にレセプト請求した金額を、Hファクター株式会社が買取り、最短3日で支払いしてくれます。

これまで2ヶ月後に点数を引かれ、減額されて振り込まれるレセプト請求が、Hファクターなら安い手数料で最短3日後には振り込まれるのです。

Hファクター
「Hファクターは入金まで早かったので驚きました!」

 

しかも、保証人や担保も一切必要ありません

国保連に提出している用紙があれば、ホームページのフォームまたは電話から申し込みできます。

簡単な審査は、個人情報の審査ではなく、診療報酬債権の審査なので申込するとほぼ承認されます。

 

気になる方も多いので念のため書きますが、個人カードで借入をしていたとしても、審査の対象にならないので何ら問題はありません。

何度も言いますが、あくまで医療機関が国保連に請求しているレセプトを買取るだけなので、個人情報に傷がつくようなことは一切ありません。

このサービスのおかげで私の医院も軌道に乗ることができましたし、歯科ユニットを買い替えることができました。

 

Hファクターのファクタリングサービスを利用している業種

私の周りの同業者や友人の開業医にもHファクター株式会社を紹介させていただきましたが、みなさん運用が楽になり喜ばれています。

特に、医療系専門のファクタリングサービスなので、このような業種で活発に利用されて、経営に役立てています。

・医療機関
・歯科医
・障碍者施設
・介護施設、デイサービス業
・社会福祉施設

国保連にレセプト請求を行っている施設であれば、気軽に相談すればすぐに対応してくれます。

 

Hファクターで対応している医療業種はこちら>

 

 

Hファクター株式会社はレセプト請求を最短3日で買取り

Hファクターの特徴として、売掛金(レセプト)を最短3日で買取りしてもらえます。

国保連にレセプト請求すると2ヶ月かかるのに対し、最短3日で振り込まれるので資金繰りに困ることはもうありません。

運転資金やどうしても大きなお金をスグに動かしたい場合など、経営をしていたら必ず起きます。

そんな時は事前にHファクターに相談するとスグに対応してくれます。

面談もありませんし、個人審査も一切ありません。

電話一本、またはフォームから申し込みするだけで完了します。

 

Hファクターの手数料は最安値

ファクタリングをしている会社の多くは手数料が10%以上です。

しかし、Hファクターの手数料は3%前後と業界の中でも最安値です。

レセプト請求すると、点数を引かれるため満額が振り込まれることはほぼありません。

どうせ点数を引かれて減額された振込をされるのであれば、振込が早いHファクターを使った方が経営的に有利ですよね。

手数料が安いですし、いまであれば簡単スピード審査で売掛金を買取りしてもらえます。

 

Hファクター株式会社のファクタリング手数料をみる>

 

 

Hファクターからの振込みが早い理由

Hファクターは、医療機関専門のファクタリング会社として、多くの開業医や病院の売掛金を買取しています。

たとえば買取額が300万円~2億円以上の売掛金を買取りできるほど資金力があります。

(5億円以上のレセプト請求買取りでも全然問題ないそうです)

そのため、金額が大きい売掛金であっても最短で買取りすることができる会社です。

その結果、多くの病院経営者様から信頼を得ています。

 

まとめ

Hファクター株式会社は大阪に拠点を構える会社ですが、東京・大阪の都心部の病院から依頼があります。
また地方では、北海道から沖縄まで全国各地の病院や開業医院の売掛金を買取りしています。

かなりの実績があります。

国保連に診療報酬債権レセプト請求しているのであれば、早く振込できるので相談してみてはいかがでしょうか。

 

Hファクター株式会社のファクタリング相談はこちら>